これから婚活して結婚したい人、コロナ禍で婚活への影響は???

2022年1月28日

  

こんにちは!けいじです!(^^)

今、最も世間を騒がせている”コロナウィルス”という感染症。

やっと高齢者へのワクチン接種が始まりだしたところです。

オリンピックを開催するのかしないのかも煮え切らない状況の昨今ですが、私の住む福岡県でも緊急事態宣言が発令されて、世間の人たちはテレワークや在宅勤務、飲食店については時短営業、不要不急の外出を控えて外出時にはマスクが欠かせない状況の中で感染予防に努めながら未婚の人たちはどのように恋愛や結婚というものに向き合っているのでしょうか?

今回はリクルートブライダル総研の調査結果から解説したいと思います。

婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)
婚活実態調査2020~新型コロナウィルス感染症影響調査篇~(リクルートブライダル総研調べ)


1.婚活サービスの実態

婚活サービスと言ってもいくつかありますが、今回の調査結果は「結婚相談所」「ネット系婚活サービス」「婚活パーティ・イベント」の3種類の調査結果です。

そのサービスの利用状況から性別・年代別に見てみます。

 1-1.独身者の婚活サービス利用状況

 

上のグラフから2017年から婚活サービスの利用状況は右肩上がりで増加していて2020年には25.5%と約4人に1人が利用したことがあると回答しています。
また、下のグラフから男女比では女性の方が利用率が高く、年代別に見ると男女ともに右肩上がりで比較的男性はどの年代も利用率は変わりませんが、女性の場合は30代の利用が多いようです。
結果から、婚活サービスが恋愛や結婚するためのツールや出会いの場としてかなり認知されてきたと言えるのではないでしょうか。
また性別では男性は結婚する年齢を気にしないようですが、女性の場合は30歳を過ぎたころに危機感を感じるのかもしれませんね。

 

 1-2.婚活サービスを通じて結婚した人の状況

上のグラフは婚活サービスを利用して結婚したと回答した割合です。
2013年までは婚活サービスを利用して結婚する人は4%台とほぼ横ばいでしたが、2014年からは徐々に右肩上がりに増加しています。
近年、婚活サービスを通じて出会い結婚までに至っている背景には、普段生活している中での出会いだけでなくスマホの普及とともにアプリの活用が増えてきたことによる要因とさらには大手企業も参入してきていることもあり、信頼性の部分でも向上し、安心して効率的に利用できるサービスとして利用者が増えてきてるのではないでしょうか。

 

 1-3.結婚した人の婚活サービス利用状況

上のグラフは結婚した人で婚活サービスを利用したことがあると回答した割合です。
実際に結婚した人たちの中でも婚活サービス利用者が、ここ10年で2割から3割に増加しています。
これは結婚した人たちも結婚相手・恋愛相手を見つける場として1つのアイテムと考えるようになってきたとも考えられます。
実際に私の周りで婚活アプリで出会い結婚したと聞いたこともありますので、かなり身近なものになってきたという実感もありますね。

 

2.コロナ禍での婚活サービスの利用や恋愛や結婚への変化

コロナウィルスの影響で日常生活の変化から心理的にも不安定な状況の中でどのような変化があったのか見ていきたいと思います。

一昨年、1回目の緊急事態宣言時(4~5月)の調査結果ですので、もしかしたら1年経った今、長い自粛生活の中で心境の変化からさらに加速している可能性もあるかもしれません。

 2-1.コロナ禍での婚活サービスの利用状況

新たに婚活サービスの利用を始めようとする人よりも今はやめておこうと考える人が多いですが、それでも約8割の人たちは婚活サービスを利用しています。
また、自粛生活の中でZoomなどのオンラインアプリが普及してきた影響もあるでしょう。

 

 2-2.コロナ禍での恋愛・結婚意向の変化

やはり、これまでに経験したことのない環境の変化と突然の自粛生活で、特に独身者は家で独りで過ごす時間が増えたことにより誰かと過ごす事の大切さに気づき、そして将来への不安も高まったために、このような回答になったのではないでしょうか。

 

 2-3.コロナ禍での結婚相手に求める条件の変化

コロナの影響で収入が減った、会社が倒産したなどのニュースを耳にすることが多くなり、金銭面で将来を不安を感じるようになったのでしょう。
また、テレワーク・在宅勤務と家にいる時間が増えたことにより、もし結婚した場合に相手と一緒に家で長時間過ごすことを考えたときに生じる不安から出た回答ですね。
この価値観や距離感といった性格や相性については離婚の最大の原因となる部分でもありますので慎重になるところです。
詳しい内容については最近記事にしてますので以下を見てくださいね。
    ⇓       ⇓

 2-4.コロナ禍での出会い

最後にこのコロナ禍での出会いについて、最新の調査結果がありましたのでご紹介します。

未婚男女の婚活・結婚意識調査 株式会社リンクバル調べ

今年3月の調査結果ですが、男女とも7割以上の人が出会いが「ない」「あまりない」と答えています。

 

3.最後に

自粛生活の中で時間を持て余している人がたくさんいると思います。

そんな中、オンラインでセミナーを受けたり、英会話を習ったりと自己啓発に励む人もいらっしゃるでしょう。

将来のために独りの時間を有意義に使っている人も、今後の自分に不安を抱えてどうしていいか悩んでいる人もいると思います。

現在、ワクチン接種も始まって今後この感染症が収束するのかどうか不透明な状況の中で、最新(2021.3)の調査結果では全体の75%の人たちが異性との出会いが無いと答えています。

結婚したいと考えていても、生活が制限されて出会いがなかなか無いため婚活サービスで相手を見つけようと考える人たちがますます増えてくるのかもしれません。

結婚相談所で婚活を勧めている立場の私としては複雑な心境です。

今の時代、スマホ1台あれば利用できる婚活サービスはたくさんあります。

コロナで外出に抵抗がある人も自宅で出来ますし、オンラインでのお見合いもできる時代です。

自分を支えてくれる誰か、一緒に寝食を共にしてくれる誰か、今この寂しい時間を明るくしてくれる誰か、将来の生活を考えたときに今自分が必要としている誰かを見つけることも大切なことです。

人間は一人で生きていくことは楽ではありません。

親兄弟、友達がいるから何とか生きていくことが出来ます。

そこに、自分の事を一番に考えてくれる人、常に自分の味方になってくれる人が身近にいてくれれば言うことありませんよね。

積極的に自分から行動を起こすことも大事です。

待っていても、そうやすやすと向こうからあなたを求めて近寄ってくることはまずありません。

自分が今何ができるのか、誰に相談したらいいのか、将来のことを考えてみてください。

  

Re:ose

 

あなたの婚活を福岡から応援します。

私とお茶したい人は 👇

結婚相談所 TheOneアシスタント 

Posted by けいじ